転職理由

面接時に質問される転職理由について

転職をする時には、採用面接でいくつかの質問をされますが、多くの会社が面接で聞くのは、なぜ転職をすることに決めたかです。

 

転職の動機は言いづらいことや、大きな声では言えないこともありますが、そういう場合はどうすればいいでしょう。

 

採用面接の場では、なぜ転職を決断するに至ったかを、赤裸々に話すべきでしょうか。

 

仕事をやめる理由は人それぞれですが、人づきあいの問題だったり、給料や休日に折り合いがつかないこともあります。

 

両親の介護のために、故郷に戻ってきたために仕事を探し直す必要がある人もいます。

 

何らか形で働いていない限りは、お金を得ることができません。

 

どこでもいいから採用されたいということが本音だいう人もいますが、問題は、ありのままを面接の場で話すかどうかです。

 

前の仕事を退職した事情が、あまり前向きな理由ではなかった場合、また同じ理由で仕事をやめてしまうのではないかと、採用担当者が考える可能性があります。

 

それでは、採用担当者によく見られたい一心で、自分の可能性を活かしたいからだと、前向きな言葉を連ねればいいのでしょうか。

 

思ってもいない発言をすると、後々でそれに付随した質問をされた時に、つじつまの合わない答えを返してしまうことがあります。

 

面接官にプラスの評価をしてもらうためには、同じ出来事を話すとしても、前向きな言い回しにすることが、重要になります。

 

前職では、社内の人と折り合いがつかなかったという場合でも、仕事を変えることで働きやすい職場で自分の能力を試したいと言えばいいでしょう。

 

面接の時に、担当者に気に入ってもらえるような言葉を話すには、嘘を言うわけではないけれど、ものの表現を工夫するということが大事です。

 

給料を理由に転職したいと考える場合

相応のバックボーンがあるからこそ、転職を志すものでしょう。

 

もしも、これから仕事を退職したいと考えているならば、なぜ仕事をやめるのか、客観的な言葉で捉え直してみるといいでしょう。

 

社内の雰囲気がやりづらかったり、嫌いな上司や社員がいたり、仕事が向かないと感じたり、やめたい理由はいろいろです。

 

転職を決めた人の多くが、給与面に不満があって、仕事をやめているようです。

 

やはり生活していく上でお金は必要なので、仕事が出来れば給料の額はいくらでもいいという訳にはいきません。

 

ですが、ただ給与面だけが不満だというのなら、折り合いがつかないか考え直してみるのもいいでしょう。

 

現在の日本は景気がいいとはいえませんので、求人の条件もあまりよくないものばかりなのです。

 

家計簿をつけ直し、現在のお金でやりくりをしているとどの部分が足りなくなるのかを洗い出すといいでしょう。

 

場当たり的にお金を使っていれば、いざという時にお金がなまくなります。

 

何にお金を使うかは、その家の考え方によって異なりますが、高すぎる出費があるなら、直す余地があるでしょう。

 

それでも日常生活に支障が出るようなら、その時になってはじめて、転職を考えてみるようにしましょう。

 

食事や、生活サイクルを見直した結果、現在の収入でもやりくりができて、不満がなくなっている可能性もあるでしょう。

 

 

転職理由の上位にある残業の多さについて

社会人の転職することになった理由の中で、上位に入ってくるものとして残業の多さが挙げられます。

 

来る日も来る日も残業ばかりでは、体を壊してしまいのすし、会社に行く時間と、自分の時間の両立ができません。

 

休む間もなく働き続けるような暮らし方をしていると、仕事が苦痛になって、転職しないと体がもたなくなってしまいます。

 

仕事をしていく中では多少の残業によって、業務の成果や目的を当日のうちに収めることは必要なことです。

 

会社のために残業することは、社会人としてある程度は心構えとして持っておくべきことでもあります。

 

しなければならないことがたまっているのに、労働時間を超過したくないから帰宅するという道理は、社会人には通じません。

 

その反面、過剰な残業時間による拘束は肉体的にも、精神的にも疲労を起こします。

 

しなければならないことはたくさんあって、けれど人手が足りないという状況が続くと、休日出勤と、深夜残業ばかりになって、仕事が追いつかなくなります。

 

残業と休日出勤で休む間もないという人は、仕事を変えることでこの状況を打破したいと考えるものです。

 

会社によっては残業をしても給料内に含まれると言ったみなし残業や、年俸制を採用していて全く残業手当が発生しないという場合もあります。

 

働いた時間よりも本人が納得する給料に達していないことから、転職を考える方も多いようです。

 

残業時間も、休日出勤の日数も多いのに、給料は低いままということを、転職の理由にする人は少なくありません。